レーザーと光の比較

脱毛は自己処理で行うという方法もありますが、最近はプロに任せるという方法が一般的になってきています。この場合のプロというのは、クリニックでの医療レーザー脱毛と、エステサロンでのエステ脱毛のことを指します。では、この両者にはどのような違いがあるのでしょう。

最も大きな違いは、光の性質です。レーザーは出力が高いため、医療機器となりますので、医療機関でしか扱えません。エステでレーザーが使えないのはこのためです。また、レーザーは熱を集中的に集めるのに対し、エステ脱毛で使用する光は出力が弱く、広範囲に照射されます。つまり、医療レーザー脱毛とエステ脱毛の第一の違いは、光の威力の強弱と照射範囲の違いです。

その他の違いとしては、施術での痛みが挙げられます。レーザーは出力が高く集中的に照射するため、少なからず痛みを伴います。それに比べ、エステでの光脱毛は痛みがほとんどありません。また、料金もレーザーは医療機関で行いますが保険適用にはなりませんので、高めになります。一方、エステ脱毛はプランの種類も多く、低予算に対応した脱毛コースもありますので、料金だけを見ればクリニックよりも利用しやすいと言えます。このように両者にはそれぞれ特徴があり、メリットがありますので、自分の生活スタイルや予算に応じて選べばいいでしょう。

エステ脱毛のメリット

脱毛は、クリニック以外にもエステで行うことができます。このエステ脱毛ですが、主流は光脱毛と言うもので、基本的には医療レーザー脱毛と同じものになります。ただ、クリニックでの脱毛は医療行為に当たりますが、エステには医師がいません。つまり、医療レーザーよりも出力を下げ、医師でなくても扱えるようにしたものが光脱毛なのです。

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、その光の種類によっても呼び方が変わってきますが、仕組みはどれも同じです。この光脱毛は、医療レーザー脱毛と同じように、メラニン色素に反応する光を当てます。ただ、出力が弱いため、毛根組織を破壊することはなく、あくまでもダメージを与えることで、毛が抜け落ちていくというものなのです。

光脱毛のメリットとしては、まずはその料金です。医療レーザー脱毛に比べ、はるかに利用しやすい料金設定となります。また、店舗数も多く、駅の近くや自宅に近い場所など都合のよい立地を選べますので、使い勝手がよく気軽に通える点がエステ脱毛の魅力でしょう。エステ脱毛はスタッフに美容のプロを揃えていますから、脱毛以外の悩みにも対応してくれますから、そういうところも大きなメリットと言えます。

レーザー脱毛の特徴

腕や脇、脚などのムダ毛は女性にとって悩みの種と言えます。毛深かったり、自己処理は面倒と言う女性にとって、ムダ毛の処理は大きな問題です。そういった人には、クリニックでの医療レーザー脱毛やエステ脱毛をおすすめします。プロの手によって脱毛を行いますので、肌への負担も少なく、スキンケアも充実しているのです。

では、まずクリニックでの医療レーザー脱毛についてです。クリニックで行う脱毛は、医療行為になります。医師が常駐している医療機関で、医療機器を使って脱毛する方法です。そして、ここで使われるものがレーザーです。この医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを照射するという方法で、つまり毛根に直接働きかける脱毛法なのです。

仕組みとしては、レーザーを当てることで、毛を作る組織である毛母細胞をレーザーの熱で破壊し、脱毛するというものです。そのため、周りの肌へのダメージはほとんどありません。その上、医療レーザーは出力が高く設定されていますので、少ない回数で効果が感じられます。そのため脱毛期間も1年から1年半と短く、施術自体も短時間で終わりますので、仕事帰りに気軽に脱毛できるという点がメリットです。