レーザー脱毛とエステ

タンクトップやホットパンツなど、夏になると女性は肌を露出したファッションになってきますが、腕や脇、脚などのムダ毛が気になるものです。カミソリなどを使って自己処理をする人も多いのですが、傷になったり埋没毛になったりと肌トラブルの原因ともなります。そこで、最近はクリニックやエステサロンでムダ毛の処理を行うのが一般的となってきました。では、クリニックやエステで行う脱毛にはどのような特徴や違いがあるのでしょう。

クリニックで行う脱毛は、医療レーザー脱毛です。これは、脱毛したい部分にレーザーを照射するというもので、メラニン色素に反応するレーザーを使用します。レーザーは黒い部分、つまり毛母細胞に対して効果を発揮するのです。レーザーが直接その組織に働きかけ破壊します。そのため、医療レーザー脱毛は効果が現れやすく、短い期間での脱毛が可能なのです。ただ、施術の際に多少の痛みを伴うことと、料金が高いため、エステで脱毛する人が増えてきました。

エステでの脱毛は、光脱毛となります。これは仕組みとしてはレーザーと同じようなものです。ただ、レーザーよりはその光の力が弱いため、毛母細胞を破壊するまでには至りません。組織にダメージを与えることで、ムダ毛が抜け落ちていくという脱毛方法です。エステ脱毛は料金も安く、店舗数も多いため利用しやすいのがメリットです。当サイトはこのように、クリニックとエステでの脱毛の違いについて説明します。